りくが…ヤバい

こんな早い時間(当社比)に珍しくブログ書いてます。
…と言うのも、中途覚醒が出てしまって、2時間、3時間おきに目が覚めてしまい、とうとう5時過ぎには起きだしました。3時間弱くらいしか寝てないかも。
珍しいなあ。
昨日は心療内科の受診日だったのですが、翌日は必ずと言っていいほど起きられないのに。

2週間に1回、心療内科に通っているのですが、今まで月曜日に行っていたのを火曜日に変えました。
火曜日の方が薬局が空いてることに気づいたのと、大抵日曜日はダンナに連れ出されるので、連日の外出はキツイからなんです。
主治医に、まだだるさがひどいこと、強迫観念と不安発作も起きることなどを話し、あと「ぬいぐるみテラピー」ロシナンテ( …って何?っていう方はコチラ)のことを話してみました。笑われるかなと思ったけれど、そんなことは全然なく、そういう方法もあるよ、と言ってもらえて一安心。まあ、専門家なんだから知ってて当たり前か。

わたし:「家にいる時に不安発作が出ると、薬を飲んで抱きついてじっとしてると少し落ち着く気がします。」
主治医:「それ、外に持っていけるの?」
わたし:「いえいえ。大型犬くらいあるので、外にはちょっと。」
主治医:「なら大丈夫だよ。時々いるでしょ、どこに行くにもぬいぐるみ抱えてる人。ああいうふうに外出する時にも離せなくなると依存しすぎで、周りからも奇異に見られるし。『外には持っていけない』って自覚できてるなら大丈夫。」
…いや、持っていきたくても無理です、先生。

それにしても、ロバのぬいぐるみなんてあるんだねえ…としきりに感心する主治医。
薬も変わったし、状態を知りたいということで心理テストの冊子の宿題をもらって帰途へ。
あー、心理テストしんどい。

ところで。
りくに微妙な変化が現れました、
ちょっと心配してたダラダラと長く続く換羽は、ある日ぴったり止まったので安心してたのですが、何だかあの「クールさ」が緩んできてる。
朝の呼び鳴きもまた前のようにすごくなったし、人が近づくととにかくケージの金網にぴょんっとはりついたり、奥からジャンプしてきたりとやたらアクティブです。
ケージの隣の棚で何かをしてると、前は無関心だったのに「チョイ?チョイ?リクチャン?」…なんて、小首をかしげて話しかけてきます。
わー、嬉しいけど、嬉しいけど。

…ヤバいんじゃないの、コレ!?

先日、りくの通院日に先生に、「うーん。体重もちょこっとずつだけど徐々に増えてきたねー。次に会う時は、ろう膜がピンクになってるかもね~。」って言われたんですよ。
ろう膜がピンク…すなわち、またまた「発情」!ひぃいい!
不思議なもので、同じ量を食べていても、発情が近づくとエネルギーを貯め込むために体重が増えていくらしく。
その兆候が出始めてるということで…。

でも…うーん。
だろうな~。
最近のりくの様子を見てて思ったんですよ。
「なんか…前に戻って来てる。」って。


病院に行くのでプラケに入れられても、もう慣れっこのりく。

riku580516.jpg


先生の前でも「リクチャン、リクチャン!」としゃべりまくり、先生苦笑。
それどころか、先生がうんち検査のために別室に消えて待ってる間に、なんと!
「──クウチャン!」…とか言ってる!
びっくりして、戻ってきた先生に(うんちは異常なしでした)、「先生、今この子『クウチャン』って言いましたよ!」と告げると、「ああ、オキナちゃんの名前か。だいぶ興奮しちゃってるねえ。やたらしゃべりだすのって、『かまってかまって攻撃』なんだよね。オキナちゃんに発情しちゃうと困るから、ちょっと離した方がいいね。」と、言われてしまう始末…。

いや。なんとな~くなんですが、それは無いと思う。
なんとな~くなんですが、くうは男の子のような気がして、どちらかと言えば、くう♥→りく…な気がする(笑)
くうの遺伝子検査もしたいのですが、PBFD、BFDと、雌雄検査もやると、くうに痛い思い(深爪させて血を採る)をさせて、診察料込みで軽く3万は行っちゃう…。
「雌雄検査は要らないんじゃない?卵産めばメスだよ。」
…って、先生!まあそうですけどね…。
そろそろやらねばなあ…。

夜、ダンナにりくのことを話して、しばらく放鳥をまた控えようということにしました。
仕方のないことだけど、また発情が止まらなくなっちゃうと困るので。


ろう膜の色…変化してきたかなあ。

riku590516.jpg



う~ん…。

riku600516.jpg



だけどとにかく、「クールなお嬢さん」から、元の「かまってちゃんりく」に戻りつつあります。
嬉しいような、困る(いや、困っても仕方ない。自然の摂理だよ)ような、複雑な気持ちです。


らぶらぶ♪(笑)

riku610516.jpg











★どれかひとつでもポチッとしてくださると飛び上がって喜びますm(__)m★








0 Comments

Post a comment