りくの命か私のエゴか

在宅の仕事がドーンと入ってしまって、ここのところ睡眠時間がろくに取れない状態です。
ない時は何にもないんだけど、来るとドバーっと来る。そしてわりかし納期がタイト(笑)
早朝から深夜までPCに向かってる毎日ですが、ちょっとめどが立ちました。
追加分が来そうなので小休止しとこう。……ね、眠い。
だけど、こうしてお仕事を頂けるだけでも有難いです。りく、カイ、くうのご飯代くらいは稼ぎたい!


さて、りくですが、その後順調に発情抑制が進んでいます。
先日また定期健診で病院に行ったのですが、最初44g(42だと思ってたら44ありました!)から、現在34gまで落ちました。
呼び鳴きもあまりしなくなり、朝の掃除の時くらいしかテンション上げてくれません。
何だか、おしとやかになっちゃった(笑)
ダンナが朝に起こす時も、以前はお休みカバーをめくった途端にぎゃあぎゃあ呼び鳴きしていたらしいのですが、「あ、起きたの?」ってな感じで奥からなかなか出てこないそうです。
それがさみしくて、テンションが下がるダンナ。

くうに構っているところをりくに見られると、嫉妬で毛引きするんじゃないかと病院の先生に聞いたところ、一笑に付されました。
「しないしない。毛引きするとしたら、オキナのくうちゃんの方だよ。呼び鳴きするようになったら、もう『過発情予備軍』だと考えて気をつけてね。」とのこと。

…はあ。私が彼らを擬人化して考えすぎなんだろうか。
私の「鳥に対する接し方」は間違っているのだろうか。
りくの発情問題になると、本当に考え込んでしまいます。
ネットなどを見ても、「ストレスがたまるので一日に1時間は放鳥を」とかあるし、「構われすぎずにさみしくて毛引きする子もいます」とかあるし…。
他の方々のブログなどを拝見させて頂くと、みなさん普通に放鳥してるし、ニギコロ(←これ、絶対禁止と先生に言われた)したりしてるし、どう発情を管理なさってるのか知りたいです。

確かに、りくには長生きしてほしい。
けれども、前のような元気なりくでいてほしい。
いや決して具合が悪くなった…という訳ではないのですが(先生にも体調は良好なので心配しないでと言われた)、うーん。もう前のあの、愛らしい甘えん坊りくではない。
それがさみしくてたまらないのです。
確かに、セキセイインコを飼ってる友人がいるのですが、結構ドライな接し方で、放鳥も時々。私のようにベタベタした関係ではないのですが、もう12年生きてるなあ…。
何だか最近の「クールなりく」に、さみしさを感じている私です。




りくの換羽が始まりました!
先生に見せるためにビニール袋に入れてます。
けれども筆毛が少ないので、まだまだだそう。


riku24.jpeg


ろう膜の色も、少しずつですが、薄くなってきました。
これがいっぺん、白に戻らないとダメなんだって、りく。


一番ろう膜が赤かったころのりく

riku23.jpeg


最近のりく

riku22.jpeg



最近は、くうの呼び鳴きが凄いです。
くうは、朝の掃除の時に出てきてケージの上で待っているのですが、私が水替えに部屋を出て行っただけですごい呼び鳴き。後追いで飛んでくることもあります(まだそんなに飛べないけど)…マズイのかな、コレ。


coo31.jpeg


…そして、我関せず。くうねるあそぶのカイ(笑)

kai25.jpeg







★ポチッとしてくださると飛び上がって喜びますm(__)m★






0 Comments

Post a comment